ケージ用自動換気システム制作【ハリネズミのはな】

ハリネズミ

ケージの中の空気がこもって毎朝の掃除の際にフン的な臭いを感じる気がしたので

はなハウスIoT化第一弾は「エアコン」自動化に続き、第二弾『換気システム』自動化しました。

LinkJapanの製品に自動カーテンというものがあったりしたので、ケージカーテン自動化とかも面白そうかもしれません。

~材料~

・200mmPC用ケースファン(3ピンで問題無し)

・USB12Vファンコントローラー(回転数調整ができるもの)

・ワイヤレスコンセント(赤外線リモコン式でも可)

ケージ換気

次以降の機器には赤外線リモコン式のコンセントにしようかと思いますが今回はスマートコンセントというものを試しに購入。

 

ファンは静穏性を重視して大き目の200mm、500WのPC用電源が余っていたので13,14ピンのショートで無理やりファン用電源にしようかと思いましたが、ファン1個のために500W電源を使うのはさすがにオーバースペック気味だったのでUSBファンコントローラーを購入、せっかくのファンコントローラーなので回転数を半分以下にして静かに優しい空気の流れを作ります

eSensor

ePlug C1をネットワーク内に登録すると思っていたよりもボタンが多かった。。

時間指定や停止までのカウントダウンなどの機能がありましたが今回は使いません。

湿度50%以上で稼働、湿度49%以下で停止にして湿度が高めの時のみ換気を行います。

 

ケージ換気

eSensorを設置している横の網の上に設置したところ、ケージの網が平らではなくファンが地味にネットに当たるので下駄を履かせて接触を防止、上に向けて排気なので直接風が当たることはありません。

About sasami 32 Articles
【IT系】 車好き / ドイツ語&英語担当 / 元陸上自衛隊普通科 / 果物アレルギー